講談あらすじメニューページへ メールはこちら |


『は組小町(はぐみこまち)』あらすじ




 日本橋一帯の火消しを担う一番組。一番組の中の「は組」の頭、源右衛門は人形町に住んでいた。娘のお初は今年十九歳。大層な美人で「は組小町」と呼ばれている。また源次は次の「は組」の頭になる男でお初の許嫁である。
 一方、一番組の頭取である「い組」の松兵衛には三五郎という息子がいて、跡を継がせようと思っていた。ある日、お初は父親から、三五郎がお初を嫁に迎えたがっていると聞かされる。父親にとっては娘を将来頭取になる三五郎に嫁がせる方が出世である。しかし源次という許嫁のいるお初はこれを拒絶する。
 叔父の力添えにより、お初と源次は夫婦になり玄冶店に所帯を持つ。
 その年の暮の二十五日、火消しに出た源次は黒焦げの姿で自宅へ運ばれ、医者も助からないという。源次はまもなく死ぬ。纏(まとい)持ちは先に上がると、後に上がった纏持ちが降りない内は、そこを退くことが出来ない。今回の火事で一番に上がった源次だが、後から上がった三五郎が降りなかったので退くことが出来ず、ついには火の中へのみ込まれてしまったのだ。お初の件で源次を恨みに思っていた三五郎がわざと降りなかったのだろうと父親は言う。夫の亡骸の前で嘆くと共に三五郎を憎むお初。
 翌年正月七草、浅草で火事が発生する。「は組」の新三が纏を持って出ようとするが、お初は父親から頼まれた手紙をどうしてもすぐに芝まで届けて欲しいという。新三は手紙を届けに出て行く。浅草の火事で、呉服問屋の上総屋に先に上がった纏持ちは「い組」の三五郎。続いて「は組」の纏持ちが上がる。実は新三のふりをしたお初で、源次の仇を討つためだった。火の手は強まるが「は組」の纏持ちが降りないので、三五郎も退く事が出来ない。降りてくれるよう懇願する三五郎。その前でお初は正体を現す。驚いた三五郎は火のなかへと落ちた。まもなく家は崩れる。三五郎は死に、お初は虫の息で玄冶店の自宅へ運ばれる。源次の仇を討てた事を知ったお初は静かに冥土へと旅立つ。


参考口演:一龍斎貞寿

講談るうむ(http://koudanfan.web.fc2.com/index.html
inserted by FC2 system