講談あらすじメニューページへ メールはこちら |


『夫婦餅(めおともち)』あらすじ




 幕末の頃、江戸は両国広小路に玉川屋という名代の菓子屋があった。主の幸助は二十二、三歳の男盛り。柳橋・橘屋のお玉という芸者を身請けして妻にしたが、これが実に良く働いて気の利くいい女房。幸助は度を越した相撲好きであり、場所が始まると何事も投げ出して相撲見物に行ってしまう。横綱の梅ヶ谷藤太郎(とうたろう)が贔屓で、暇さえあれば梅ヶ谷やその弟子を連れて遊び歩いている。この遊興が元で身代は傾き店を人手に渡さなければならなくなった。しかしこれでも目が覚めない幸助はやはり梅ヶ谷に入れ込み借金を重ねていく。今は神田橋本町に一間間口の小さな家を借り、夫婦二人その日の暮らしにも困るという生活をしている。
 暮れも押し迫ったある日、幸助の元に柳橋の橘屋から迎えの者がやって来た。橘屋を訪れると、主の新兵衛が待っていた。実は今日お玉が昔身を置いていたこの店を訪れ、金を作って幸助に小商いでもさせるため、再び芸者に出たいと頼みにきたと言う。新兵衛は相撲への熱がまだ覚めない幸助を諭す。幸助も改心し、相撲とはきっぱり手を切り懸命に働くことをその場に来たお玉と涙ながらに約束する。新兵衛は新たな商売の元手にしてくれと五十両の金を幸助に貸す。
 幸助は柳橋を出て浅草を歩いていると、三人の相撲取りと一緒の梅ヶ谷とばったり出会った。仕事が忙しいからと別れようとする幸助だが、梅ヶ谷の弟子の磯之浜が幕に入った事を聞かされるとすっかり喜んでしまった。近くの料理屋に入り磯之浜の出世を祝い、新兵衛から借りたばかりの五十両を祝儀として渡してしまう。
 橋本町の家に帰った幸助はお玉と夫婦喧嘩。この日の事は新兵衛の耳にも入った。新兵衛は梅ヶ谷の家へ行く。事情を話し五十両の金を幸助に返すよう頼むが、梅ヶ谷はこれを拒絶する。恩ある幸助に対する横綱の義理のなさに怒った新兵衛。今度は幸助に大福餅を売る事を提案する。さらにお玉の発案で赤と白の餅を重ねてこれを夫婦餅とすることにした。年が明けて春、幸助は新兵衛の支援を得て、両国広小路の目抜けの場所に店を出した。幸助が餅を作りお玉がそれを売り、大変に店は賑わう。
 しばらくすると、一台の押し車と力士たちが店先に現れた。「夫婦餅の店開き、おめでとうございまする」と、店の前に米俵と小豆俵を山の如く積み上げた。梅ヶ谷を筆頭に東西の幕内力士が全員居並んでいる姿の見事なこと。一度渡した金をまた取り戻すのでは幸助に悪い評判が立つ。それこそ恩を仇で返すことだと、敢えて五十両の金を返戻しなかったと梅ヶ谷は打ち明ける。梅ヶ谷は開店の祝いとして五十両を渡す。幸助も新兵衛も涙ながらに喜ぶ。梅ヶ谷の後ろ盾もあってこの店は後々まで大層繁盛した。


参考口演:一龍斎貞寿

講談るうむ(http://koudanfan.web.fc2.com/index.html
inserted by FC2 system