講談あらすじメニューページへ メールはこちら |


『般若の面(はんにゃのめん)』あらすじ




 明治の末、茨城県多賀郡大津町の在に田沢勘作という若い漁師がおり、村の娘、おかめと結婚する。夫婦仲睦まじく、やがて女の子が生まれ「てい」と名付ける。おてい十二歳の時、父勘作の乗った船が沖で嵐に遭い沈んでしまうが勘作はなんとか助かった。それから田沢の家は網元への船の弁償やら義理の悪い借金で生活が苦しくなる。夫婦で夜逃げの相談をするが、それを傍から聞いていたおていは懸命に反対し、結局おていが奉公に出る事になった。
 翌朝、おていは父親に連れられ一山越えて、平潟町の松月堂という大きな煎餅屋行く。事情を聞いた煎餅屋の旦那の九兵衛はおていを預かることを快諾し、しかも弁償金の方も立て替えてくれるという。感謝しながら帰る父親。
 おていは二歳になる男の子のお守りすることになった。それだけでなく朝早くから夜遅くまで実に良く働く。ある晩、旦那の九兵衛がおていのいる女中部屋の前を通りかかるとボソボソと話し声が聞こえる。一人のはずなのに何を話しているのだろうと思って障子の隙間から覗いてみると、おていは箱を覗き込んで「それではおっ母、おやすみなさい」と話しかけている。不思議に思った旦那の九兵衛。夜が明けて、おていがいない時、女中部屋に入って昨夜おていが覗き込んでいた箱の中を見てみる。中にはにこやかな「おかめ」の張り子の面が入っている。なるほど、おていの母親の名前が「おかめ」なので、この面を母だと思って語り掛けているのだなと納得した。いたずら心を起こした旦那。孫の玩具箱から般若の面を取り出し、おていの箱の中の「おかめ」の面と入れ替えた。
 戻って来たおていが箱の蓋を取り覗き込んでみると、にこやかな「おかめ」の面と打って変わって恐ろしい般若の面。おていは母親が病気か怪我で苦しんでいてこんな形相になっているに違いないと思う。居ても立っても居られないおてい。夜明けまでには間があるからそれまでにひとっ走り行って母親の様子を見にいこうと、般若の面を無造作に懐へ入れて、無断で店を飛び出す。
 おていは山道を走る。山中に金毘羅堂があり通り過ぎようとすると暗がりから大きな男が二人。男は、薪に火がなかなか点かないのでなんとかしてくれと頼む。おていは細かな枯れ葉や枯れ枝を集めマッチに火を点ける。夜露で湿っていたものとみえて、モクモクモクとものすごい煙がのぼる。あまりに煙いので、おていは般若の面を顔に付ける。「おじさん、これでいいかしら」。おていは顔をあげると、煙の中から突然恐ろしい形相の般若の顔が出て来たので、二人の男はびっくり仰天。「出たぁ」。この言葉が合図になってお堂の中から十五、六人の男が飛び出してバラバラバラと逃げていく。あっけにとられたおてい。そのまま山を下り、懐かしの我が家へと帰る。夜中なので両親とも寝ていたが、母親はどこも具合が悪くない。誰かがいたずらで面をすり替えたのだろうとおていは諭される。
 父親に連れられて平潟町へと戻る。金毘羅堂を通りがかった時、中を覗いてみると月明かりに照らされて壺皿やサイコロや沢山のお金が散らばっているのが見える。ここに集まってバクチをしていたが、二人の叫び声を警察の手入れの合図と勘違いして逃げ出したらしい。
 松月堂では、いつも朝一番に起きるはずのおていがいないので大騒ぎになっていた。戻ったおていから事情を聴く旦那。母親を思う心に感心するとともに、面をすり替えたのは自分だと白状する。旦那の提言で、金毘羅堂の一件は警察に届ける。堂に残された175円13銭という大金は遺失物として掲示されるが、もちろんバクチの場に忘れた金が自分の物だと名乗って出る人などいない。一年が経過し、金はすべておていの元に下げ渡され、借金に苦しんでいた田沢の家は救われるのであった。


参考口演:宝井琴桜

講談るうむ(http://koudanfan.web.fc2.com/index.html
inserted by FC2 system