『講談るうむ』トップページへ戻る講談あらすじメニューページへ メールはこちら |


『正直車夫(しょうじきしゃふ)』あらすじ




 自動車などなかった明治時代の話。二月の半ば、朝から降り出した雪は夜にはますます強まり、東京の街は一面の銀世界であった。神田の和泉橋で一人の人力車の車夫が客待ちをしている。そこへ通りがかった稲垣という巡査が話しかけてくる。車夫は股引を履いていない。聞くと、家には女房、母親、倅と三人がいるが食べさせる米がないので質屋に入れてしまったと言う。巡査は夜にも関わらす質屋に赴き股引を請け出してくれ、それを車夫に履かす。恩を受けた人を忘れてはならないと車夫は巡査の顔をしっかり見つめる。雪のなか帰っていく若い巡査。目に涙を溜めて礼を言いながら、その後ろ姿を見送る車夫の庄吉。
 「精出せば凍る間もなき水車」。翌日も朝から庄吉は懸命に働く。仕事が終わって風呂屋に行っている間、女房は車の手入れをしていると布団の間から紙入れを見つける。最後の客が忘れた物らしい。歩きかけると、向こうから先ほど乗せた最後のお客が、警察に行こうとしていた所と鉢合わせする。五十円ばかりの金と証文、実印が入った紙入れを渡すと、お客は喜び礼にと五円札を庄吉に差し出すが、こんな大金は頂けないと五十銭だけ貰い家へ帰る。
 庄吉は相変わらず、朝早くから夜遅くまで働くが、一向に生活は上向かない。
 ある日、出掛けようとしていた庄吉の家に、以前紙入れを忘れた客が訪ねて来た。客が言うには、十台の車を抵当に金を貸したが相手は金が返せず、抵当の車が落ちた。売るのは難しいし買いたたかれるのも惜しい。いっそのことある時払いの催促なしで恩ある庄吉に貸すので、車の帳場(人力車の寄せ場)を始める気はないかと持ち掛ける。庄吉は喜んでこれを引き受けた。
 庄吉は、十台の車の親方となった。親方風を吹かすことも無く、今でも梶棒を握っている。生活にも余裕ができ、手当を尽くした母親が亡くなると立派な弔いを済ませた。
 その年末の夕暮れ。やせ衰えボロボロの姿の男とすれ違ったが、この方はあの時の巡査さんでないか。庄吉は男に話しかけると確かにあの時の巡査の稲垣であった。聞くと、あの夜、署長になぜ帰りが遅くなったかと尋ねられその夜の事を話すと、仕事に私情を挟んではならぬと叱られ、それが原因になったからか、ある理由を元にして免職になったと言う。それから勉学で身を立てようとしていたが身体を痛め、今は医者に通いながら友達の家を渡り歩く毎日である。山と山とは出会わぬものだが、人と人とは出会うもの。庄吉は車に稲垣を乗せ、自分の家に連れて行く。ちょうど二階の部屋が空いていたので、ここを貸し与える。身体の具合も良くなり、庄吉の家に寄宿しながら昼間は車の梶棒を握り、夜は法律の勉学に励む。後には貧しい人々の心が分かる立派な弁護士となった。



講談るうむ(http://koudanfan.web.fc2.com/index.html
inserted by FC2 system