『講談るうむ』トップページへ戻る講談あらすじメニューページへ メールはこちら |


『五貫裁き』あらすじ

(ごかんさばき)




【解説】
 落語でも三遊亭圓生師(演題は『一文惜しみ』)や立川談志師が演じた話だが、最近ではいっそう掛かる機会が増えて来ているようで、本家である講談師の方からはちらほら怨む声も聴かれる。
 八五郎は、家主・太郎兵衛に勧めで八百屋になることにする。商売の元手を集めるために奉加帳を持って近所を回るが、名代のけちん坊、徳力屋万右衛門の家では一文の銭しかよこさない。これに怒り一文銭を投げつけると、万右衛門はキセルでもって八五郎の額をひっぱたく。八五郎と家主・太郎兵衛は南町奉行へと訴えたが、逆に天下の御用金を粗末にした廉で、八五郎は過料として5貫文を払うよう命じられる。その過料は毎日一文ずつ万右衛門の元に届け、それを万右衛門は奉行に届けよと大岡様は言う…。

【あらすじ】
 神田三河町のとある長屋。家主は太郎兵衛という。店子の八五郎が病気で寝込んでいるが、何とか歩けるようにまでなる。仕事もしないでバクチばかりをしているが、これでは駄目だと一念発起し八百屋になって働こうと思う。商売を始めるのには元手が要る。家主の発案で八五郎は奉加帳を持って近辺の家を回ることになったが、すぐに額から血を流した姿で帰ってくる。八五郎が話すには、まず初めに訪れたのは徳力屋万右衛門の店だった。かつて万右衛門は困っていた際に死んだ八五郎の爺さんの世話を受けた事がある。しかし万右衛門は町内きってのしみったれ。まずは番頭の作兵衛が出てくるが八五郎に渡した金は3文。たった3文と文句を言うと、今度は主人の万右衛門が出てきてその3文の金を取り上げる。そして新たに渡した金が1文。怒った八五郎は1文銭を投げつけるが、そんな八五郎の額を万右衛門はキセルで殴りつけた。
 怒った家主は八五郎の代わりに願書を書き、南町奉行の大岡様へと訴えに出る。お白洲で大岡様は両者の言い分を聞くが、一文銭といえども天下の通用金を粗末にするとは不届き者めと八五郎を責める。万右衛門にはお咎めはなく、八五郎は過料として5貫文を払うよう大岡様は申し付ける。しかし八五郎の事情を考慮して、日掛けで毎日1文ずつを奉行所に払え、これも何かの縁だからと、万右衛門が八五郎からこの1文を預かって毎日奉行所に届けるようにと命じてお裁きは終わった。万右衛門を懲らしめるために奉行所に訴え出たのに、逆に自分が責められて、罰金まで払わせられることになったと、八五郎は太郎兵衛を怒る。しかし太郎兵衛は大岡様のお考えを見抜いていた。
 次の日、夜が明けないうちに太郎兵衛は八五郎の家の戸を叩いて、寝ている八五郎を起こす。早速八五郎は万右衛門の店を訪れて1文を渡し、受取を貰う。この受取の紙の値段もバカにならないと嘆く万右衛門。この1文を店の若い者に奉行所へ持って行かせる。さんざん待たされた上やっとお目通りになったが、万右衛門の代理の者だと言うと、来るのは本人でなければいけない、それに町役五人を同道のうえ来るようにと申し付けられる。しかたなく万右衛門は町役五人を伴って奉行所に赴く。この五人には日当を払い弁当も用意する。
 それから八五郎が万右衛門の店に1文を持ってくる時間がどんどん早くなり、しまいには真夜中になる。夜中に叩き起こされ寝不足で目が赤くなる万右衛門。一方で八五郎は平気で昼寝をしている。
 こんなことがしばらく続く。計算するとこれから約13年間、受取に使う半紙は五千枚。毎日、町役五人の日当と弁当代を払う。これではたまらないと、万右衛門はなんとか事を丸く収めたいと思う。金のことばかりを考えていた私が悪かった。人には情けというものが要る。八五郎に20両を払う事で決着が着いた。人情というものを知った徳力屋万右衛門はますます商売に励み、善根を積んだという。




講談るうむ(http://koudanfan.web.fc2.com/index.html
inserted by FC2 system